香港空港から直接中国本土(深セン)に入る方法

お役立ち情報
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
香港でのデモの影響で香港に入るのが怖い香港から深センに入る際のイミグレーションで、尋問や拘束された。なんて話も聞くぐらい現在厳しい状況が続いているみたいです。今回は香港空港から香港には入らずに直接中国本土(深セン)に入る方法についてお伝え致します。

今回解説していく内容は以下です!  

本記事の内容

・香港空港から直接中国本土(深セン)に入る方法
・番外編:蛇口港駅までは少し遠かった
スポンサーリンク

香港空港から直接中国本土(深セン)に入る方法

香港から中国本土(深セン)に入れるイミグレーションポイントは8つあります。今回は、そのイミグレーションポイントの1つである 蛇口口岸 を利用します。他のイミグレーションポイントも下記にまとめているので気になる方は以下の記事をご覧ください。

蛇口口岸の利用時間 7:15〜22:45

香港空港から直接中国本土(深セン)に入る方法として、地下鉄やバスまたタクシーは利用せずに フェリー を利用します。そのため前提条件があります。その条件とは、荷物の預けないということです。航空会社によってはフェリー利用ができる航空会社もあり、香港空港到着後、飛行機から荷物をそのままフェリーまで載せ替えてくれるサービスもあるようなのですが基本的には 荷物を預けず、手荷物だけ という感じになるかと思います。

フェリーの価格と時刻表

フェリーの価格は、220HKD 〜 240HKDと少し高めですが 地下鉄 や バスなどのように乗り換えが不要なためかなり楽です。フェリーの時間帯は以下となります。

航線出發港 至 目的港開航時間
蛇口港航程時間約30分鐘
海天碼頭 – 蛇口港
08:15
09:50
11:00
12:30
13:30
14:30
15:30
16:30
17:30
18:30
19:30
20:30
21:20
21:50

出典元:CKS

約一時間おきにフェリーは出ていて、乗り過ごすと一時間待たないといけなくなってしまうため利用する際は注意しましょう。

チケット購入からフェリーに乗船するまで

香港空港からフェリーで行けるところは8つあります
澳門 / 珠海九洲 / 中山 / 廣州南沙 / 廣州莲花山 / 东莞虎門 / 深圳福永 / 深圳蛇口
今回は、深圳蛇口のチケットを買ってから乗船するまでの流れを説明します!
まず、内地 / 澳門快船 という表示を探します。

チケット販売カウンターにて、フェリーのチケットを購入します。220HKDを用意しておきましょう!

チケットには詳しく、何時に乗船するかや行き先、また座席番号が書かれています。
チケット購入後は、チケット販売カウンターの隣からフェリー乗り場まで移動します。
快船轉駁 が目印でここから、海天客運碼頭「電車」を利用しフェリー乗り場まで移動しましょう。

フェリー乗り場についたらどこから乗船するのか確認します。

搭乗口で、しばらく船がくるまで待ちます。搭乗口近くには休憩できる椅子や充電する場所
また、セブンイレブンがあるため飲み物等は購入することが可能です。

後は乗船するだけです。

船内はこんな感じで、乗船したらシート番号を確認し座席に座ります。

といった感じでスーッと乗船することができました。2〜3回利用したことがあったためすごくスムーズに乗船することができたのですが、最初利用する際には迷ってしましました。

番外編:蛇口港駅までは少し遠かった

実際フェリーで、深圳蛇口まで行ったことのある人なら知っていると思うのですが地下鉄の駅までは残念ながら少し遠いです。歩いたら駅まで10分〜15分ほどかかるため、駅に行く際にはバスやタクシーまたバイクタクシーを利用しましょう!

まとめ

Toshi
Toshi
いかがでしたか?香港空港から直接中国本土(深セン)に入る方法ということで説明させていただいたのですが、香港に入らず深センに直接入るメリットとしてはまず香港から深センまでの行き方に迷うことがない。ということやイミグレーションが一回ですむといったメリットがあります。ぜひ、香港空港から深センまで安全に迷わず行きたいというかたはフェリーの利用を検討してみてはいかがでしょうか!
Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
お役立ち情報
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント