中国旅行で使えるおすすめアプリ4選

お役立ち情報
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
中国旅行で使えるおすすめアプリということで、今回は中国旅行に来る際に入れておいたほうがいいアプリを紹介します!

今回解説していく内容は以下です!  

本記事の内容

・中国旅行で使えるおすすめアプリ4選
スポンサーリンク

中国旅行で使えるおすすめアプリ4選

では早速、中国旅行で使えるおすすめアプリについて解説していきます!

Baidu Translate

Baidu Translate とは 百度 が提供している 翻訳アプリ であり、中国語翻訳の精度は Google翻訳 よりも優れていると思います。旅行の際にわからないことがあれば、この Baidu Translate を使用するようにしましょう!

百度は、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する会社である。創業は2000年1月。本社は北京市にあり、「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 全世界の検索エンジン市場において、Googleに次いで第2位、中国国内では、穀歌を押さえて最大のシェアを占める。

出典元:ウィキペディア

日本語→中国語はもちろんのこと 英語 や 韓国語 等の翻訳も可能です。

Baidu map

Baidu map とは Baidu Translate 同様、百度 が提供している 地図アプリ であり Google map よりも精度がいいです。というのも Google map は VPN がないと使えません。

中国では、VPNがないと「Google map」や「Google検索」 また「FaceBook」「Instagram」「Twitter」等は全く使えません。そのためVPNを使えない場合は、Baidu map が必須です!

Baidu map現在地から目的地までの行き方を出してくれるのはもちろんのこと  大型ショッピングモール の中にどんな店舗が入っているか等までわかるのでとても便利です。

MAPS.ME

MAPS.ME とは オフライン で使える 地図アプリ となります。もし、ネットが使えなくなってもこれがあれば目的地にたどり着けるかと思います。

マップにはピンインも書いており、地図もわかりやすいです。自分がいる近くに地下鉄があるかも マッププレイヤー < 地下鉄 を使えばすぐわかります。

WeChat

WeChat とは 中国で日常よく使われている メッセンジャーアプリ です。日本で日常使われている LINE のようなものです。

微信とは、中華人民共和国大手IT企業テンセントが作った無料インスタントメッセンジャーアプリである。「微信」とは、微少の文字数の手紙を意味する。

出典元: ウィキペディア

ただ、メッセージのやりとりが出来るだけではなく「位置情報の共有」「お金の送金」等もできます。中国では、キャッシュレス決済が当たり前なため WeChat や Alipay というアプリを使用して決済を行っています。

中国旅行をする際には必ず WeChat は入れておきましょう。

・現地でキャッシュレス決済が可能(中国の銀行カードを持っている方限定)
・VPNが使えなくてもメッセージのやりとりが可能

まとめ

Toshi
Toshi
いかがでしたか?中国旅行をする際には、ぜひこの4つのアプリを入れてみてください!

コメント