中国留学におけるビザ申請方法【語学留学】

お役立ち情報
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
中国の語学留学のためにビザを取得したいそんな人のためにビザ申請に必要な書類と、留学生が取得できるX1ビザ、X2ビザの違いについてお伝えしたいと思います。

今回解説していく内容は以下です!  

本記事の内容

・中国留学、ビザ申請方法

スポンサーリンク

中国留学におけるビザ申請方法

深セン大学に語学留学ということで、以前 オンライン申請の方法(留学申し込み) について記事を書きました。

今回は、実際に日本で中国留学で取得できるビザについてお伝えしたいと思います。ビザの種類は2種類あって X1 と X2 があるのですがどういった違いがあるのでしょうか?

X1(180日以上)

X1ビザとは、 長期留学者 向けでX1ビザを取得後居留許可証に切り替え後は何度でも出入国が可能となります。居留許可証に切り替えるタイミングは中国入国後、30日以内に申請を行わなければいけません。

※このタイミングで他の国に出てしまったり、30日以上になってしまうとビザの効果がなくなってしまうため要注意です。

X1ビザは、居留許可証を取得するためのもの だと覚えておきましょう!

X2(180日以内)

X2ビザは 短期留学者 向けで日数が1ヶ月(30日)、3ヶ月(90日)、6ヶ月(180日)と限定されます。

※X2ビザの最大の特徴としては、中国以外に出国してしまったらビザが失効してしまうということです。香港も対象なので注意が必要です。
X2ビザは、他の国に出国できない とだけ覚えておきましょう!

ビザ申請に必要な書類

ビザ申請に必要な書類

 

  • ビザ申請書(証明写真を含む)
  • パスポートのコピー
  • 中国最終出国のスタンプ面のコピー
  • 录取通知书(原本)
  • 录取通知书(コピー)
  • JW202(原本)
  • JW202(コピー)

上記7点が必要となります。

ビザ申請ができる場所

ビザ申請ができる場所は、他にもあると思いますが中国签证申清服务中心に記載されているビザ申請センターは東京名古屋のみとなっていました。

所在地

東京ビザ申請センター

東京都港区虎ノ門4-1-17神谷町プライムプレイス8階

電話:81-(0)3-6430-2066 FAX:81-(0)3-6432-0550

mail:tokyocenter@visaforchina.org

名古屋ビザ申請センター

愛知県名古屋市中区錦一丁目5番11号名古屋伊藤忠ビル4階413号室

電話:81-(0)3-6430-2066 FAX:81-(0)52-228-0129

mail:nagoyacenter@visaforchina.org

出典元:中国签证申清服务中心

 

ビザ申請の流れ

東京にあるビザ申請センターにて、先日ビザ申請を行ってきたのですが動画でまとめています。よければ動画をご覧ください!実際に持参したものは(パスポート、大学の通知、ペン)で、申請の流れとしては…

  1. ビザ申請センター(神谷町プライムプレイス 8F)に行く
  2. 申請センター内で、パスポートに必要な証明写真を撮る
  3. パスポートのコピーをとる(中国に入国したことがあれば最終出国の面もコピー)
  4. 大学からの通知(录取通知书,JW202)のコピーをとる
  5. 中国ビザ申請書を申請センター内で取得し記入
  6. 書類に漏れがないか受付の人にチェックしてもらう
  7. チェックが通ったら受付番号をもらえる
  8. 呼ばれたら窓口で説明を受ける
  9. 後日、ビザを取りに行く

上記の流れとなります。後日、ビザを取りに行く際その時に料金が発生します。

今回発生した料金としては、X1ビザ で ¥8,400となりました。

まとめ

Toshi
Toshi
いかがでしたか?初めてのビザ申請でしたが、無事に終わり取得することができましたもし、申請書を記入する際にわからないことがあれば空白で受付に提出してどういった記入をすればいいか聞いてみた方がいいかもしれません。また、 X1 と X2 では大学からの通知 が送られてくるまでの期間に差がある場合があるため事前に確認しておきましょう!ぜひ、参考にビザ申請を進めてみてください
Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
お役立ち情報
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント