【深セン観光】華強北での買物は注意が必要!(注意点)

観光
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
深センの観光スポットである華強北(ファーチャンべー)はかなりおっきな電子街で世界中から多くの人が電子部品等を求めて買い付けに来ています。今回はこの電子街で買い物をする時の注意点を解説していきます。(粗悪品が多くあり見分けるのは非常に困難です。どうやって見極めれば…)

今回解説していく内容は以下です!  

本記事の内容

・華強北(ファーチャンベイ )とは?
・買物をする際の注意点
・スマホの修理を行う際の注意点

スポンサーリンク

華強北(ファーチャンベイ )とは?

華強北(ファーチャンベイ)とは、日本の秋葉原のような電子街で秋葉原の約20倍の広さだそうで、華強北の最寄り駅は3つあり華強北(华强北)、華強路(华强路)、華強南(华强南)とあります。

華強路(Huaqiang Road)のA出口から出てまっすぐ歩くと左手にメインストリートが見えてきます!

華強北(Huaqiang North)が中心の駅となっているみたいです。

華強南(Huaqiang South)は電子街から外れているので観光に行く際は、華強路(Huaqiang Road)のA出口から出ましょう!

買物をする際の注意点

この華強北(ファーチャンベイ)でいろいろな物を購入してきたのですが、失敗した買物があります。それは中華系アクションカメラとUSBです。なぜ、失敗したかというとちゃんと商品が使えるかを試さず購入してしまったからです。

また、USBに関してはちゃんと梱包されていたのにもかかわらず…USBの中身がない!状態でこれには流石にびっくりしました。

全く使えない商品を買わされた。感じです。悪質ですよね…商品を買う際には、新品の商品でも油断せずにその場で開けて試したほうがいいのかな。と思いました。この商品を購入した店舗はここです。

では、iPhone修理の注意点について説明させていただきます!

スマホの修理を行う際の注意点

旅行できてて、修理費が安いからスマホの画面が割れてるしここで直しておこうと考える方もいるのではないでしょうか。

iPhone 8Plus の画面が割れたため華強北で以前、修理してきました。いろいろなお店をまわって気がついた注意点があります。それは、正規品(ガラス)を使用し修理するかコピー品(ガラス)を使用し修理するかの違いです。

正規品の画面(ガラス)だと iPhone 8 Plus の画面修理は  約350 ~ 450元(5500円 ~ 7700円) でコピー品だと 約200 ~ 300元(3000円 ~ 4500円)だそうです。いろいろなお店をまわったのですが、このコピー品(ガラス)だと◯◯元で正規品(ガラス)だと〇〇元だよ。と言ってくれるお店を発見し、信頼できそうだったのでそのお店で修理をお願いしました!

修理をお願いしたのが以下2点です。

・iPhone 8 Plus の画面修理(落として割れた画面修理) /  250元
・iPhone 6 のタッチパネル修理(落としてタッチパネルが反応しなくなった) / 200元

合計450元(約 7700円)ほどで iPhone2台 の修理を15分 ほどで終わらせてくれました!

 

綺麗に直ってよかったです。コピーのガラスフィルムを修理に使いましたが1年経った今でも問題はおこっていません。

お店に値段表があったので、撮らせてもらいました。

通常、画面の修理は約 200 ~ 300元 だそうですが iPhone 8 や iPhone X などになってくると値段は高くなってきます。

実際YouTubeで修理の様子など撮っているので気になる方は、ぜひ確認してみてください!

まとめ

Toshi
Toshi
いかがでしたか?華強北で値切ると正規品からスペックの低いコピー品にすり替えられたり、商品を試さず購入したら壊れてたりとちょっと日本の買物ではありえないことが起こりますぜひ、この華強北に観光、買物に来た際は十分気をつけましょう!
Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
観光
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント

Translate »