短期間の海外旅行ならプリペイドSIMを使ってみよう!

お役立ち情報
スポンサーリンク

【中国移動香港】4G/3G 中国TDD・香港FDD10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品]

以前、初めて一人で中国に行った際、どこでもネットに繋げるようにということでプリペイドSIMを使ってみました。今回は、プリペイドSIMとは?というところからこのSIMを使用する際の注意点とメリットをあげたいと思います。

まず、プリペイドSIMとは?というところなんですが…使い捨てのSIMカードで iPhone の現在使っているSIMをプリペイドSIMに差し替えるだけでOKというもの。めんどくさい契約いらずでとても便利ですよね!

以下をメリットとしてあげてみました。

  • SIMカードを切り替えるだけ
  •  LTEでの高速通信
  • 1.5GB、10日間使用できる
  • めんどくさい契約する必要がない

ただし、メリットがあればデメリットも存在します。

  • 事前にスマホのSIMロックの解除をしておかなければいけない
  • 説明書に日本語がなくてよくわからない(本当に使えるかちょっと不安ですよね…)

スマホのSIMロックをもし解除していなかったら…以下のメッセージがでてきて使えません!

スポンサーリンク

Simが無効です。

現在このiPhoneに取り付けられているSIMカードは、現在アプリケーションサーバによって割り当てられているアクティベーションポリシーの下ではサポートされなていない通信事業者のSIMカードです。これはiPhoneのハードウェアの問題ではありません。サポートされている通信事業者のSIMカードを挿入するか、通信事業者にこのiPhoneのロックを解除するよう依頼してください。詳しくはAppleにお問い合わせください。

 
私はSoftBankと契約しているため、以下の手順で簡単にSIMロックを解除することができました。

My SoftBankでの受付時間

9:00~21:00

操作手順

  1. SIMロック解除をする携帯電話番号でMy SoftBank(別ウィンドウで開きます)にアクセス
  2. SIMロック解除をする端末の製造番号(IMEI番号)を入力し「次へ」を選択
    • SIMロック解除コードを発行した携帯電話情報(IMEI / 機種名)が表示されます。
  3. 「解除キーを発行する」を選択
    • 解除キーは端末操作時に必要となりますので、紙などにお控えください。
  4. SIMロック解除完了後、電源をOFF
  5. 他社の利用可能なUSIMカードを機種に挿入し、電源をON
  6. 電源をON後、画面上に「無効なSIMカードです」と表示されるが、自動的に「7」の画面に切り替わる
  7. 解除キー入力画面になったら、解除キーを入力し「ロック解除」をタップする
  8. 解除完了

SoftBank Q&A :SIMロック解除をする場合、手続き方法を教えてください
海外旅行になれている方は、全然プリペイドSIMで大丈夫だと思います。ただ、設定などがうまくいかずに使えなかったら…って考えると、WiFi のレンタルの方がいいかもしれません。


海外のWiFiレンタルでは、 イモトのWiFiがやはり有名ですよね。

やっぱり、安心して使えるのはもちろんのことメリットとしては次の6つがあげられるかと思います。

  1. 世界200以上の国と地域をカバー
  2. 全ての料金プランでお手頃な価格を実現
  3. 10秒で簡単接続
  4. 簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
  5. 高速大容量データ通信
  6. 365日・24時間の充実無料サポート

ただ、やはりどんなサービスでもデメリットはあるもので…

  1. 空港での受け取りや返却できる場所が限られている
  2. 長期滞在になると料金が高い
  3. キャンセル料が高い


公式ホームページ:イモトのWiFi 

プリペイドSIMを利用するか、レンタルWiFiを利用するかちょっと悩みどころですが個人的にはプリペイドSIMをオススメします。現地のWiFiを利用するのもいいですが、ぜひ事前に準備をしてストレスフリーで海外旅行に出かけましょう!

コメント