深センにある中国民族文化村 【観光スポット】

観光
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
先日、深センにある観光スポット「中国民族文化村」に行ってきました。今回は、「中国民族文化村」がどういったところなのか?入場料、アクセスから見所までを解説していきます!

今回解説していく内容は以下です!  

本記事の内容

・中国民族文化村とは?
・中国民族文化村の料金・アクセス・設備
・中国民族文化村のミニチュア模型
・中国民族文化村のショー
スポンサーリンク

中国民族文化村とは?

中国民族文化村とは、中国各地の観光スポットのミニチュア模型や各民族の家の展示がされているテーマパークです。中国がギュっと凝縮されておりショーなどもあるのでとても面白い観光地となっています。

中国民族文化村の料金・アクセス・設備

中国民族文化村の入場料は2019年7月現在「200元(約3000円)です。地下鉄の最寄り駅は1号線の华桥城站(華僑城駅)のD出口で、地上に出るとすぐに案内板があるので迷わずたどり着くことができます。駅を出て徒歩2分ほどで中国民族文化村の入り口にたどり着くことができます。

 

华桥城站 D 出口

錦繍中华民俗村(案内板)

中国民族文化村入り口はこんな感じです。

チケット取得とパンフレット取得

入り口につくと、チケット売り場に向かいます。案内板があるので簡単にわかると思います。

ちょっと身長で値段が変わってくるみたいで120cmだと無料、120cm〜150cmだと半額、150cm以上の人は全額支払いのようで、もちろん私は全額でした。

售票窗でチケットを取得します。現金でもWeChatでも決済が可能。

中国民族文化村に入場する前にこういったショーの時刻表もあったので、一応写真を撮っておくことに…

中国民族文化村に入場すると早速パンフレットが置いてあるためこれを持って園内をまわります。ショーの時間帯等も記載されているため要チェック

飲み物・シェアバッテリー完備・移動用カート有り

中国民族文化村の中には、シェアバッテリーが借りれるところやいたるところに飲料が売っています。

水やコーラ、スプライト等売っていますが値段はちょっと高めの 8元。普段なら3.5元〜4元で買えるため約2倍の値段となっています。また、移動用の二人乗り電動カートや馬車があります

園内はかなり広いため、利用してまわるのもいいかもしれません。

中国民族文化村のミニチュア模型

中国民族文化村には中国各地のミニチュア模型が飾られています。ミニチュアといってもかなり大きいものもあり、迫力もなかなかあります。り方によってはかなり本格的な写真が撮れるはずです

中国民族文化村のショー

中国民族文化村で見るべきショーがこちらです!
こちらのショーは 15:00 から開始されるショーで とても面白いです。お客さんも巻き込んで繰り広げられるショーなので緊張感を持って参加しましょう!

巻き込まれたお客さん

もう一つ目玉となるショーが19:30の最終ショーです。

どんな感じか気になる方はぜひ、Twitterの動画をみてください!

まとめ

Toshi
Toshi
いかがでしたか?個人的にはかなり面白いスポットだと思うので、ぜひ深センに住んでいる駐在員の方や深センに観光にくる方は行っていただければと思います!

コメント