【WeChat】中国からの一時帰国はSIM不要《チャージ方法》

アプリ
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
明日日本に帰国するのにSIMを買い忘れたどうしよう…中国からの一時帰国では、SIMの切り替え不要WeChatチャージする形でいつでも日本のインターネット回線も使えてしまうんです。ということで今回は WeChat を使った一時帰国時のテクニック。チャージ方法についてお伝えします。

今回解説していく内容は以下です!  

本記事の内容

・WeChat 一時帰国によるチャージ方法

スポンサーリンク

WeChat 一時帰国によるチャージ方法

中国に住んでいたら WeChat の Mobile Top Up から SIM にお金をチャージしながら携帯を使っているんじゃないでしょうか。では、一時帰国で日本で携帯を使いたい時 SIM にお金をチャージする方法をみていきましょう。簡単に流れを先に説明します。

  1. WeChat Pay < Mobile Top Up を開く
  2. 出境流量 を開く
  3. 国を選択
  4. 起始日期 と 终止日期 を入力
  5. 完成 < SMSを確認

です!では詳しくみていきましょう。

WeChatを開いたら右上にある+ボタンからマネーを選択し、Mobile Top Upを開きます。

Mobile Top Up の下の方にある「客服帮助」「5G专区」「出境流量」「更多服务」の中の「出境流量」を開きます。

出境流量」を開くと、热门目的地より出国先を選びます。検索しなくても日本は人気なのか出てきてますね!日本を押して…

利用開始日(起始日期)を利用停止日(终止日期)を指定します。日本のチャージ価格は 26元(約400円)/天(日)で利用可能です。购买を押してWeChatで支払い。

 

办理订单已提交 この画面が出てきたら成功です!

SMSで通知がきます。

ここまでで、チャージは終了です。

実際に使った感じをツイートしたのですが、最初のキャリアは SoftBank で移動中に docomo に切り替わりびっくりしたのですが、携帯が止まることなく空港についたらキャリアが自動で切り替わって すぐに使えたのでよかったです。

まとめ

Toshi
Toshi
いかがでしたか?かなり切り替えが簡単で便利です。何よりSIMを交換する必要がないってとこがポイントですね。ぜひ一時帰国の際は使ってみてください!
Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
アプリ
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント

Translate »