小米(Xiaomi、シャオミ)の電動歯ブラシは本当にいいのか!?

商品
スポンサーリンク




先日、深センの小米(Xiaomi、シャオミ)の旗艦店で電動歯ブラシを購入してきました!

 

初めて使用する小米(Xiaomi、シャオミ)製品…ちょっと使用感をレビューしたいと思います!

 電動歯ブラシとは?

電動歯ブラシを知らない人はあまりいないと思うのですが…Wikipediaによると

ヘッドの動きはスライド式と回転式、両者を組み合わせたものに大別され、稼働速度により音波ブラシ、超音波ブラシと呼ばれる製品もある。また、イオン効果をうたった製品や舌苔除去効果のある舌ブラシを搭載する製品など多機能化も進んでいる。

という説明が記載されています!

また歴史についても記載されていました。
1961年、障害者の器具としてアメリカで開発され、その後一般を対象に製品化された。日本では1990年代より普及が始まり、2000年以降口腔ケア意識の高まりを受けて普及率が急進した。

Wikipedia:電動歯ブラシ

物は知ってても、歴史は知らなかったのでいい勉強になりました!ここで気になったのが日本人は電動歯ブラシを使用しているのか?ということ。

早速調べてみました!

 日本人は電動歯ブラシを使用しない!?

ちょっと気になったのが、日本人の電動歯ブラシ使用率です。調べた結果、電動歯ブラシの購入率は2割未満だということ…

原因は電動歯ブラシが高い?からかもしれませんね。 Xiaomiの電動歯ブラシ!

では、今回買った小米(Xiaomi、シャオミ)の電動歯ブラシを見てみましょう!

しっかりパッケージングされていていい感じです!サイドに説明書きがされています。ここはもちろん中国語。

ちゃんとケースに入っているので持ち運びが楽です。また予備用のブラシもついてあるので1つダメになってもすぐ変えることができます。

USBケーブルで充電できるということで、どこに持っていっても簡単に充電できそうです!

説明書はこんな感じで、全部中国語。説明書にはQRコードがついてます。あるあるですね!

まだ、1週間ぐらいしか使用していませんがすごく使用感がいい感じです。ブラシが小さく磨きやすい!

【後日、電動歯ブラシの使用レビュー動画公開!】

ということで、気になるのは値段かと思います。

なんと、この電動歯ブラシ 99元(約1500円) ほどです!

 まとめ

いかがでしたか?コスパのいい小米(Xiaomi、シャオミ)の歯ブラシ!ぜひ、観光にきた際にはお土産で購入してみてください!




Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
商品
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント