Telloの使用方法【徹底解説】

商品
スポンサーリンク
Toshi
Toshi
深センのDJIで購入した Tello について使い方等、動画も交えながら解説していきます。

今回解説していく内容は以下です!  

本記事の内容

・Telloとは?
・Telloの使用方法
・番外編:Telloのプログラミング
スポンサーリンク

Telloとは?

Telloとは、トイドローンと呼ばれており気軽に簡単に飛ばせる80gの軽いドローンで 2018年4月15日 に発売されたようです。フル充電で13分飛行することができ、 高さ 30 m 距離 100m まで操作することが可能みたいです。では実際専用アプリのダウンロードをして使ってみます

Telloの使用方法

まずは以下のリンクよりアプリをダウンロードします

アプリ画面はこのような感じです。

パッケージ内容

まずは、飛ばす前にパッケージ内容を軽く見ていきましょう!買ってすぐに飛ばすことはできないため、まずはバッテリーを本体に入れて充電しないといけません。

本体はMicro-USBで充電することができます。※USBは本体に付属されていないため気をつけましょう!

充電が終わると実際にアプリを使って飛ばすことができます!

アプリの仕様と撮影モードについて

まずは、TELLOに側面側にある電源ボタンを押して機体を起動します。

その後、TELLO – XXXX というWiFiにつなげます。

アプリに戻ってチュートリアルを見ていきます!操作は簡単で、左のコントロールパネルで Tello の上下をし右のコントロールパネルで前後左右動かすことができます。

Battery、Wi-Fi、Bluetooth、Speed、Height等は画面中央で確認することができます。

離陸、着率は Take off and land 一番左のアイコンで制御し、フライトモードの制御はドローンのアイコンで見ていきます。写真、動画の切り替えはカメラのアイコンを押すことででき、実際に撮影するときは一番右のアイコンを押します。また、撮った画像や動画の確認は Playback アイコンを押してあげましょう!

ここで  フライトモード について気になったかもしれません!ちょっとフライトモードを見てみると6種類のフライトモードがありました。

  • Throw & Go – 機体をトスすると、その場でホバリング。
  • 360 – その場で360°回転しながら、ショートムービーの撮影
  • 8D Flips – 画面上8方向にスワイプすると、その方向へ宙返り。
  • Bounce – 0.5~1.2mの間をバウンスしながら、自動飛行。
  • Up & Away – 後方に上昇しながら、ショートムービーを撮影。
  • Circlre – 円を描きながら、ショートムービーを撮影。

実際にこのフライトモードに検証してみたので気になった方は動画をご覧ください!

番外編:Telloのプログラミング

2020年よりプログラミング教育が必修化されることになりました

普通に、プログラミング(コードを書く)のではなく ツール を使った 授業を行う予定のようです。そのツールが Scratchといって、このツールを利用して Tello を飛ばすことも可能です。

実際に飛ばした動画があるので、上記の動画をご覧ください

まとめ

Toshi
Toshi
いかがでしたか?Telloの使い方について解説させていただきましたドローンを触ったことない初心者でも簡単に飛ばすことができたので飛ばすことができたのでぜひ、ドローンに興味を持ったらまずはTelloから使ってみてください!
Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
商品
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント