DJIのドローン、TELLOの使用方法【徹底解説】

商品
スポンサーリンク





先日、深センのDJIに行ってきてドローンを購入してきたので、購入したドローンTELLOの使用方法について徹底解説します!

 

まずはTELLOとは?というところから説明していきます!

 TELLOとは?

TELLOとは、トイドローン呼ばれており気軽に簡単に飛ばせる80gの軽いドローンで 2018年4月15日 に発売されたようです。フル充電で13分飛行することができ、 高さ 30 m 距離 100m まで操作することが可能みたいです。

では実際専用アプリのダウンロードをして飛ばして見ましょう!

 専用アプリのダウンロード

TELLO : アプリのダウンロードはこちら

まずはこのTELLO専用のアプリをダウンロードします!

では、アプリを開き実際に飛ばしていきましょう!

 飛行準備

飛ばす前なのですが、買ってすぐに飛ばすことはできません。まずはバッテリーを本体に入れて充電しないといけません!

本体はAndroidの充電器で充電することができます。※USBは本体に付属されていないため気をつけましょう!

充電が終わると実際にアプリを使って飛ばすことができます!

 アプリの使用と撮影方法

まずは、TELLOに側面側にある電源ボタンを押して機体を起動します。

その後、TELLO – XXXX というWiFiにつなげます。

アプリに戻ってチュートリアルを見ていきます!操作は簡単で、左のコントロールパネルでTELLOの上下をし右のコントロールパネルで前後左右動かすことができます。

Battery、Wi-Fi、Bluetooth、Speed、Height等は画面中央で確認することができます。

離陸、着率は Take off and land 一番左のアイコンで制御し、フライトモードの制御はドローンのアイコンで見ていきます。写真、動画の切り替えはカメラのアイコンを押すことででき、実際に撮影するときは一番右のアイコンを押します。また、撮った画像や動画の確認は Playback アイコンを押してあげましょう!

ここで  フライトモード について気になったかもしれません!ちょっとフライトモードを見てみると6種類のフライトモードがありました。

  • Throw & Go – 機体をトスすると、その場でホバリング。
  • 360 – その場で360°回転しながら、ショートムービーの撮影
  • 8D Flips – 画面上8方向にスワイプすると、その方向へ宙返り。
  • Bounce – 0.5~1.2mの間をバウンスしながら、自動飛行。
  • Up & Away – 後方に上昇しながら、ショートムービーを撮影。
  • Circlre – 円を描きながら、ショートムービーを撮影。

実際にこのフライトモードに検証してみたので気になった方は動画をご覧ください!






コメント