香港エクスプレスで羽田から香港に…早朝のUO625便に搭乗するメリット、デメリットとは

All
スポンサーリンク

今回、香港エクスプレスUO625便で羽田から香港に向かいました。

香港エクスプレスUO625便は羽田空港を出発するのが早朝の6時30分で、とても朝が早く家から電車やバスの始発で空港に向かってもチェックインに間に合わないと思ったので空港で一夜をすごしました。

先にメリットとデメリットについて説明させていただくと、UO625便を利用するメリットは、香港には朝の10時前に到着するということと料金が比較的に安いことだと思います。ただ、デメリットとしては飛行機のフライト時間が早朝なので羽田空港に泊まるか、羽田空港付近に住んでいないと交通機関の始発で羽田に向かってはたして間に合うのか…というところです。

ここからは、羽田空港1夜の過ごし方です。(笑)

実は海外に一人で行くといった経験がいままでなかったため、そわそわしながら羽田空港に到着したのが22時ぐらいで写真を撮りまくっていた。という現状があります。。

ということでちょっと撮った写真をみていきましょう!!

今回、搭乗した飛行機の模型がこちらです。

そのほかにもいろいろな模型が飾られていました。

公式ホームページ: HK express

       WEARETOKYO

なかなかいい広告ですよね!気になった方はハッシュタグ #WATOKYO で検索してみてください。

Tokyo International Airport…光り輝いています。

飛行機もいい感じに撮影できました。ANAですね!

たぶん、夜しか見ることはできないと思います。こんなところまで掃除するとは…日本のおもてなしはさすがです。なんだかんだ写真を撮って時刻は、2:20時。

眠たかったので仮眠をとろうと思いうろうろしていたのですが…すでに椅子には先客だらけ…く、くやしい。

たぶんこの椅子で寝ていた人たちが、正解だと思います。普通の椅子は硬いし…床は冷たいし…

寝床を探しながら、普段はできない床に寝そべって写真を撮りまくります。

寝床はどこに…

やっと…空いてるところを発見しました。しかし…

椅子が固い…横の人のいびきが聞こえてくる…

そんなこんなで、チェックインができる3:20に…AとCカウンターで確かチェックインが可能です。

なかなか仮眠が取れず…出国ゲートをくぐりました。ゲートをくぐってからの方が椅子や一人でリラックスできるビーチチェアなどが置かれているところがあり、そこでは仮眠をとることができました。

「旅立ちは昔も今も日本橋」…なんのことだかさっぱりですが、無事に飛行機に乗り込むことができました!

空港で一夜をすごした感想は、仮眠がとれない。体が痛い。時間があまりすぎた感じがしない。(羽田国際空港にはあまり見るところがない。)ということです。

空港で一夜をすごすと、体が痛くなってしまうので…香港エクスプレスUO625を利用するなら、空港近くのホテルまたは空港のホテル。等で過ごした方がいいかもしれませんね!

そうそう、香港空港に到着後、船を利用したのですがチケットが元では買えずに香港ドルじゃないとダメだと言われました。(たぶん)

あまりうまく聞き取れなかったし、なんせ初めて海外で一人です。英語もできなければ香港語も英語すらもできません。ただ、やっぱりボディーランゲージとかで伝わるものですね。受付の人が優しくて安心しました。

クレジットカードを見せて、クレジットで支払うことができ一安心。



私はこの時 Master Card を使ったのですが、旅行を通して VISA Cardの方が使えるお店等多かった気がします。どっちも持っておくと安心ですね…

海外旅行の時は、特に事前に飛行機やバスの乗り場、使える紙幣。カード。Wi-Fi等調べておいたらいいかもしれません。

ぜひ、旅行に行くときは事前準備をしっかりご安全に!

Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
All
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント