中国のインターネットサービスについて【お勧めアプリ8選】

お役立ち情報
スポンサーリンク





今回は、SPEEDAという企業が主催しているセミナーに行ってきました!

SPEEDAとは?というところなんですが、1週間かかる分析を1時間で可能に。

「質の高い大量のビジネス情報をワンストップで取得できる。」
「直感的にわかりやすいUIでストレスなく分析・調査ができる。」
「情報収集・分析業務の無償サポートを受けられる。」

使いやすさ抜群の企業・業界分析プラットフォーム。みたいです。

詳しくは動画とSPEEDAのホームページにアクセスしてみてください!

公式ホームページ:SPEEDA

さて、セミナーの内容なのですが

・ SPEEDA/NewsPicksのご紹介(ユーザベース香港 安齋朱晃)
・『深圳の製造サプライチェーン型エコシステムについて』藤岡淳一 氏
・『史上最速で社会実装される中国インターネットサービスの生態系』澤田翔 氏
・『中国発グローバル企業ファーウェイの実態 本社取材記』当社 川端隆史

というタイムテーブルがあり、自分が聞いていて一番おもしろいと思った『史上最速で社会実装される中国インターネットサービスの生態系』についてちょっと記事を書かせていただこうと思います。(中国に住む人必見です!)

セミナー詳細:【藤岡淳一氏登壇】深圳が創るビジネス・エコシステム〜日本人起業家の戦略を中心に

澤田翔 氏 「史上最速で社会実装される中国インターネットサービスの生態系」

インターネットプラス研究所 所長

慶應義塾大学環境情報学部卒。複数のITスタートアップの立ち上げからEXITまでを経験し、2017年より独立。ITスタートアップへの技術サポートを行っている。現在はフィンテックや仮想通貨、営業支援ツールなどのスタートアップへの経営アドバイスから設計レビュー、プロトタイプの開発を請け負っている。世界の決済サービスやニューリテール (小売業のIT支援) に造詣が深く、インターネットの社会実装をテーマにした「インターネットプラス研究所」を2018年に設立した。Twitter: shao1555

 

どういった内容だったかというと中国に普及している、インターネットサービスがどのように中国の人々に根付いていったのか。ということや日々よく使用しているアプリについてでした。

ということで、深センに来て二週間ぐらいしかまだたっていない私にとってはすごく面白い内容だったんです!

なので、セミナー中に紹介されたアプリをここで紹介させていただきたいと思います。

よければ、動画のご視聴後、気になるアプリをダウンロードしてみてください。

Wechat:ダウンロードはこちら

– Tencent (腾讯)が提供するチャットアプリ 連絡・交流の手段に留まらず、店やサービスとのゲートウェイになっている。“LINE@“ や “LINE Pay” も追従しているが、これ らが情報発信の延長に留まっているのに対し、 WeChat 上の公式アカウントはアプリケーション としての作り込みが洗練されている「QRコードを見かけたら、とりあえずWeChat で 読み取る」という地位を築いている。

ミニアプリ (⼩小程序):ダウンロード不要

– WeChat 内で動作するミニアプリ
➤ログイン ➤ プライバシー管理 ➤ オフラインサポート ➤ 決済など 店舗の会員アプリやニュースアプリなどで用いられている。

順豊 (SF Express):ダウンロード不要 / 利用方法はダウンロードはこちら

– 配達依頼ミニアプリ。アプリのインストールや会員登録なしに集荷の依頼、 伝票の印刷、運送費の見積と支払い、トラッキングが可能。WeChat の会話でシェアもできる。

Alipay (支付宝):ダウンロードはこちら

– Alibaba の子会社の Ant Financial (蚂 蚁⾦金金服)が提供する決済・生活ポータルアプリ。

eleme (饿了么):ダウンロードはこちら

– 出前 (外卖) サービス。日本で展開している UBER eats と同様、サー ビスが用意した配達員が店舗からのピックアッ プから配達まで一貫して引き受けている。「みんなで注文」機能。注文セッションにゲスト参加できる URL を発行し、個々の注文を幹事 が簡単にとりまとめられる。

盒马 (スマートスーパー):ダウンロードはこちら

– アリババが提唱する「新零售」(あたらしい小売) のスーパー。アプリで注文すると、30分程度で近隣に配送してくれる。冷凍食品でも調理品でも。比較的高単価な商品が中心。

QQ:ダウンロードはこちら

– Tencent (腾讯)が提供するチャットアプリ 「中国版ICQ」として 1999 年に PC 向けにリリースされたアプリ。最近ではグループチャット機能の利用が伸びている。

zhihu (知乎):ダウンロードはこちら

– 質問や話題に対し、「物知り」が力強く答えてくれるサービス。「Yahoo! 知恵袋」をより重たくした感じ。

腾讯视频 (Tencent Video):ダウンロードはこちら

– プロのプロダクションによる作品 (ドラマなど) が見れる。ユーザのコメントが中心。

Ctrip (携程):ダウンロードはこちら

– 中国の旅行サイト大手。ホテル、航空券、入場券などが手配できる。同業では Expedia や Hotels.com、 楽天トラベルなど。

いかがでしたか?気に入ったアプリがあればダウンロードし使ってみてください。

ぜひ、参考にしてみてください。




コメント