年々下がるパスポート保有率‥日本のパスポートは「世界最強」になったのに、なぜ出ない!?

News
スポンサーリンク





最近、朝日新聞で驚くべき記事を目にしました。

日本パスポート「最強」 ビザなし渡航、最下位はあの国

日本のパスポートが世界第一位になっていたということ。これは喜ばしいことですが、日本人のパスポート保有率を調べてみるとまた、驚くべき結果が。

 

ちょっと日本人のパスポート保有率やどんな国が行きやすいのか!?というところ、それから2018年秋より中国のビザ事情に変化があったので解説していきたいと思います!

 日本のパスポートが世界第一位!?

日本のパスポートが世界第一位という発表をしたのは、世界中の市民権や永住権の取得支援をしているイギリスのコンサルティング会社【ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)】で実際に発表された際の記事が以下となります!

スポンサーリンク

Japan claims world’s ‘most powerful’ passport as UK and USA slip to fifth place in global rankings and Australia comes seventh

ランキングは、1位日本、2位シンガポール、3位がドイツ、フランス、韓国みたいです!

1位になったからにはいろんな国をまわってみたいですよね!

ただ、どの国はビザがいってどの国はいらないのか…よくわかりませんよね。。
そこで検索で見つけたのがこの【ビザ要否一覧(日本国籍)】です。

わかりやすくまとめられているので、チェックしてみてください!

 日本人のパスポート所有率

日本人のパスポートが世界最強になったわけですが、日本人のパスポート所有率はなんと、、、
たったの約23%で日本人の4人に1人しか持っていません。なぜ、こんなにもパスポート所有率が低いのでしょうか…

一つ考えられるのは、日本は高齢化により全体的にパスポート所有率が下がっているのかもしれませんね!

 なぜ日本人は海外に出ないのか?

これは、パスポート所有率にも繋がってくると思うのですが 「なぜ日本人は海外に出ないのか?」 という問題についてです。要因はいろいろあると思うのですがだいたいこんな感じかと思います。

  1. 日本国内で満足できている
  2. 海外は治安が悪くて怖いというイメージがついている
  3. 海外に行く際に言葉が通じないから怖い!という日本人が多い
  4. 海外の情報はネットでキャッチできる
  5. 海外旅行はお金がかかるし、時間がないと思っている

年々パスポート所持率が下がってきている今、このNews(日本パスポート「最強」 ビザなし渡航、最下位はあの国)を見て海外を旅してみたい!という若者が増えたらいいなと思っています。

現在私が住んでいる深セン(中国)のビザ事情が変わり始めているみたいです。

 中国のビザ事情

今年(2018年9月)より、ビザの申請が厳しくなり60点以上でないとビザの取得が困難となっているみたいです。昔は、90日滞在できるビザの取得ができたのに今は30日しか滞在できないビザしかとれない。という話を最近知人から聞きました。外国人にちょっとずつ厳しくなってきているのかもしれませんね。

自分のビザの点数をツールで分析したい方はこちらから:【中国就労ビザポイント・ランク自動計算ツール】簡単自己採点!

ちょっとツールが古いかもしれませんが、採点のポイントはわかるかと思います!ちなみにビザの種類は以下となります。

出典元:中国ビザ・大使館申請(外国籍)

中国の深センは、香港と隣接しているためビザがなくても長く滞在することができるのですがこの中国に滞在できる日数がどうやら変わったみたいです。

これは知らないと大変なことになるかもしれません!中国(深セン)在住の日本人でビザがない人は要注意です!

 中国に滞在できる日数が変わった!?

今までは、15日の滞在はビザが不要ということでした。が、この15日の数え方が変わったようで入国した日も1日にカウントされるようになったみたいです。ということなので、ノービザで深センに滞在している日本人の方は入国した日から2週間後(入国した曜日)に香港に出る必要があります。もしこの日付けを間違ってオーバーステイしてしまうと…

罰金や入国拒否にあってしまうことがあるみたいです。罰金を払ったことがある人に聞いてみるとその時は200元(約3000円)の支払いだったといいます。

入国拒否されないように、オーバーステイは気をつけましょう…

 まとめ

いかがでしたか?日本のパスポートがいかに素晴らしいかや、中国のビザ事情が変化し厳しくなってきていることがわかったかと思います。日本人のパスポートは「世界最強」なので、ぜひTVやネットから海外の情報を収集するのではなく自分の目でいろいろな世界を見に行ってみましょう!

香港:女人街




Toshikazu Hirano

Nagasaki→Tokyo→China(Shenzhen)

1992/07/02
宮崎産まれ、長崎育ち。

現在、中国深圳市に住んでおりホームページの運営からYouTube動画の作成等いろいろな活動をおこなっています。また、アフィリエイト(ブログの収益化)にも力をいれておりもう一つのサイトでは、月間PV数が10万PVまでいくように成長しました。

Toshikazu Hiranoをフォローする
News
スポンサーリンク
Toshikazu Hiranoをフォローする
All One's Life

コメント