中国(深圳)にある全家の自販機(ASD)は日本と違う!

News
スポンサーリンク




今回は深圳にある 全家の自販機(ADS)は日本と違っていた!という内容で解説させていただきたいと思います。

 

全家とは??
 全家とは?

全家(quán jiā:チュェン ジャ)とは、ファミリーマート(Family Mart)を中国語で表した時の呼び方です。現在、深圳には セブンイレブン とファミリーマートがあり、ファミリーマートの看板には全家(quán jiā:チュェン ジャ)と書かれているのに対し、セブンイレブンは中国語、漢字表記がありません。中国語の呼び方はないのでしょうか?ちょっと不思議ですよね!

次はファミマの自販機(ASD)についてです!
 ファミマの自販機(ASD)とは?

ファミマの自販機(ASD)とは?

その名の通りファミリーマートが出している自販機で「おむすび、サンドイッチ、お弁当、パスタ、軽食、デザート、日用品」まで幅広く購入することのできる自販機みたいです。

公式HP:自販機(コンビニASD)

見た目は普通の自販機とあまり変わりませんね。

この自販機が深圳にやってくると。。

こんな感じになりました。インパクトはないですがタッチパネル式でちょっとハイテク感があります。ちょっと思い出していたのですが、初めてタッチパネルの自販機をみた時の衝撃に少し似ていました(笑)

東京に住んでいたころは、駅等でよくみかけました。が、興味があまりないとどこが提供している自販機かわからないものですね。こちらは 株式会社 JR東日本ウォタービジネス さんが設置している自販機「acure」というものらしいです。

公式HP:acure

さて、話はそれてしまいましたがどんな自販機かというとタッチパネルで購入したい商品を探してWeChatでのお支払いとなります。

現金を入れるところは見当たらず、やはりキャッシュレスだと感じました。この自販機が中国に入ってきたのは2018年5月、上海にて第一号機が設置されたみたいです。まだ、中国に入ってきて1年未満なのでどれだけの台数設置されているかはわかりませんが、深圳で見たのはここが初めてです。

設置されているところは?
 アクセス

最寄駅は会展中心となります。

ちょっとわかりにくいのですが…目印は深圳花树です!

この建物の3Fとなります。

1号線、4号線とアクセスしやすい場所にあるため興味のある方はぜひ行ってみてください!
 まとめ

日本と、中国(深圳)の自販機の違いは。現金が使えるかどうか!ですね。




コメント